岡山大学病院 ダイバーシティ推進センター

お知らせ

  • 2021年12月7日
  • お知らせ

2022/1/19(水)優しさを伝えるマルチモーダル・ケア技術 ユマニチュード ~コミュニケーションを処方する~

優しさを伝えるマルチモーダル・ケア技術 ユマニチュード ~コミュニケーションを処方する~
日 時2022年1月19日(水) 18:00~19:30
形 式Zoomによるオンライン (定員300名まで)
対 象医療者、医学系学生、病院職員
申込方法ページ下部の「申込フォーム」より必要事項をご記入の上、送信してください。
【2022年1月17日(月)締切】
講 師本田 美和子 先生
国立病院機構東京医療センター総合内科医長/医療経営情報・高齢者ケア研究室長

※座長
 片岡 仁美 先生
 岡山大学病院ダイバーシティー推進センター 教授

岡山大学病院卒後臨床研修センター・CMA-Okayama(岡山医療連携推進協議会)特別セミナー
-------------------------------------------------------------------------------
「認知機能の低下のために治療の意味がよく理解できず、検査や治療に協力してもらえない」患者に対する医療必要性が高まる一方で、その対応に困難が生じることも増えています。臨床医が最新の医療知識や医療技術を患者に届けるためには、「医療を相手に受け取ってもらう技術」が求められるようになりました。従来属人的と考えられていたケア技術が、誰もが学んで実践できる要素で構成され、それを情報学的に解析・記述できることを明らかにしたフランス発祥のケア技法・ユマニチュードとその効果についてご紹介いたします。

主催:岡山大学病院卒後臨床研修センター
共催:岡山大学医療教育センター
   CMA-Okayama(岡山医療連携推進協議会)
   NPO法人 岡山医師研修支援機構
   岡山大学病院ダイバーシティー推進センター
   岡山大学地域医療人材育成講座

関連リンク

一覧へ戻る

MENU